今までのおさらい>

*出席者は、私夫婦、
  おまかせ建設会社代理人田中弁護士
  専門委員 寺田、是永一級建築士

追加工事の件で
相手の弁護士の書類も
進め方もぐちゃぐちゃなので
話が進まない。

意味のない会話がつづくのであった。

★本日の記事★

裁判長
施主Pさんは、
 追加工事はないと主張されていますが
 もし、あるのなら
 それの明細を出して欲しいと言っておられますね。
 
 おまかせ建設会社さんが請求している追加というのが
 妥当なのかどうなのかを話し合っているわけですが
 全然すすまないですね。
 ずっとはっきりしませんね。」


おまかせ建設会社さんが
 はっきり明細を示さないのは、
 何か意図があるのですか



田中弁護士
意図??

裁判長
だから、バルコニーの話一つでも
 どこを見たらわかるんですか?と聞いても答えない。
 前から話題になっていることに対して
 何も答えないというのは
 どんな意図があるのですか?


田中弁護士
書類のことですか?

裁判長
変更のところは、元のと比較しないといけません。
 それを明確にしてくださいと何回も言っています


田中弁護士
バルコニーの話ですか?

ええっ、裁判長の話、ちゃん聞いていますか?
 あまりのちぐはぐな会話に
 呆れる私。
 会話のキャッチボールができていない。)


裁判長
変更前のバルコニーの詳細はどこを見ればわかるんですか?
 書類の中にあるはずなんですけれど。


田中弁護士
これは、そういう計算の仕方はできないんです。」

裁判長
意図してやっていない(分かっていて、わざとやらない)
 ということですか?


田中弁護士
そうですね。

裁判長
全部がそうなんですか?

田中弁護士
全部というわけではないですけども。

裁判長
ここは仕様変更したのが明らかだ
 といえる所は、ないのですか?


田中弁護士
はい。

裁判長
田中弁護士は、仕様の詳細を出すことは
 割に合わないからやりたくないということですか?


田中弁護士
そんな細かいことできないんですよね、私には。

施主P(私)
この件に関しては打ち切ることはきないんですか?
 おまかせ建設会社は、立証できないじゃないですか。


田中弁護士
なが~~い無言のあと)・・・計算出させます。

(おいおい、今から計算出させるって?
 今まで話し合ってきているのは何だったんだ??


施主P](私)
私たちは追加金を払わないと頭ごなしに言っていません。
 追加がないはずなのに
 訴えられたから
 説明してほしいと言っているのです。
 
 追加したという部分がわからず
 教えてほしいと言い続けてもう何ヶ月たつのでしょう。
 教えてほしいと手紙も送っていますが
 社長は調停にも出てこないし
 田中弁護士しかいないのですから
 田中弁護士にちゃんと説明してほしいのです。


あれ?この台詞、何回目かな?
堂々巡り・・・・・

5100918_s



不動産投資ランキング

失敗ブログ118