<今までの話>

私はおまかせ建設会社に
マンションは完成したと言われましたが
見せてもらっていませんでした。

そこで、
私は、「施主完了検査を行う」
ことを伝え、私が依頼した1級建築士2名と共に
施主検査を行いました。

この完了検査には、
監理者及び施工者は不在でした。

多岐にわたって詳しくマンションを検査した内容の4回目です。


不動産投資ランキング

ブログに来ていただき
ありがとうございます。
上記アイコンのクリックで
応援よろしくお願いします。


********************

「こちらで解錠して施主完了検査をすることを
おまかせ建設会社に通知する。」
と書面において宣告したにも関わらず、
おまかせ建設会社は鍵を渡してくれなかったので
中が私の注文通りに建てられているのか
検査するため
専門業者に依頼して
私の責任で解錠して中に入った。

おまかせ建設会社は今回の検査にあたり、
施工者から「工事契約図面であるとして提示された図面」
(A3判、表紙を含めて57枚)
を提示されたので、それと
追加変更工事一覧表(3枚)をもって
可能な範囲において工事状況を確認することになった。

チェックしたところがたくさんあるので
「完了している=異常や修繕の必要なし」と判断したところは省きます。

<共用部チェック>

5.玄関部分に庇(ひさし)がない。

出入りするとき、
日光からも雨からも守ることができるように
庇(ひさし)をつけるようになっていたはずだ。
それがない!

強化ガラスもない。

郵便受けが雨ざらし。
これじゃ配達されたものが
濡れるじゃないか(激怒)

そして、アプローチ階段左に手すりをつける設計図になっているのに
階段の手すりがない。

9-01 アプローチ ひさし-min



6.アプローチ(階段共)の床タイルの浮きが激しい。

9-04 アプローチ床タイル浮き -min

玄関は、マンションの顔。
なのに、チョークで囲んでいる箇所のタイルが浮いている。
これじゃ、人が歩くと、タイルが破損するかもしれない。

いったいどんな工事をしたらこうなるんだろう?
と呆れてしまう。

失敗ブログ143