私(施主P)とおまかせ建設会社は、
現在お互いが訴え合っている状況であります。

そのため、2つの裁判が同時進行しております。

私→おまかせ建設会社
の裁判は、昨年判決が下りました。

とうてい納得できるものではなかったので
私は控訴しました。
(納得のいかない「事実及び理由」判決理由は、
失敗ブログ100~109で細かく記事にしています。)
(控訴の内容は、失敗ブログ127~137 に書いています)

そのおまかせ建設会社代理人、田中弁護士の控訴理由書と
私の控訴理由書に対する答弁書を出してきました。


<おまかせ建設会社の控訴書類>その2

★原判決に対する認否★

1.本件建物確認申請書副本、本件建物確認済証、
  本件建物中間検査合格証について (続き)

(3) 中間検査及び完了検査に関する手続きについて
 
 本件請負契約の内容の中に、
 おまかせ建設会社が
 中間検査及び完了検査に関する手続きを
 代行することになっていた事が含まれている事は認めない。
  
 中間検査及び完了検査に関する手続きは、
 設計、建築確認申請手続の延長で行われる手続きである。

 設計、建築確認申請手続きは、
 本件請負契約とは別に締結された準委任契約に基づくものであるから、
 中間検査及び完了検査に関する手続きも
 本件請負契約とは別に締結された準委任契約に基づくものである。

 これらの手続きを一級建築士が行うことについては
 承知している。

 本件請負契約において、
 工事監理や中間検査完了検査の手続きに関する業務の委託は、
 建物の建築の目的を達成するのに
 必要なものとして行われた事についても認める。

 しかし、これらの業務の委託が
 「従たる性格のものと位置づけられる事」は認めないので、争う。

(4)
 本件建物確認申請書副本、本件建物確認済証、
 本件建物中間検査合格証の引き渡し義務について

 確認申請や中間検査に関する手続き代行の受託が
 準委任契約の性質を有する事については、認める。

 おまかせ建設会社が業務の遂行により受領した
 本件建物確認申請書副本、本件建物確認済証、
 本件建物中間検査合格書を、
 施主P(私)に対して直ちに引き渡すべきであるとは思わないので
 それについては、争う。

 公法上の義務に関わる書類の引き渡しについて、
 工事完成後に行われるべき代金の完済と
 同時履行の関係にある
ので、
 そのことを不合理と主張している施主Pの主張については争う。
(代金を完済しないと書類を渡さない、なんて信じられません) 


5050222_m



不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。


失敗ブログ164