私(施主P)とおまかせ建設会社は、
現在お互いが訴え合っている状況であります。

そのため、2つの裁判が同時進行しております。

私→おまかせ建設会社
の裁判は、昨年判決が下り
とうてい納得できるものではなかったので
私は控訴しました。
(納得のいかない「事実及び理由」判決理由は、
失敗ブログ100~109で細かく記事にしています。)
(控訴の内容は、失敗ブログ127~137 に書いています)

そのおまかせ建設会社代理人、田中弁護士は
控訴理由書と
私の控訴理由書に対する答弁書を出してきました。

それを今分割して記事にしています。


<おまかせ建設会社の控訴書類>その3

★原判決に対する認否★

2.  工事管理業務実施報告書

 工事監理が、設計図書と照合し、
 工事が設計図書の通り実施されているかどうかを確認することであること、
 建築法に定められた建築士の義務、
 建築基準法に定められた建築主の義務は、
 いずれもその通りであると認める。

 しかし、本件請負契約に、
 「建築主に代わって一級建築士を工事監理者と定めて
 工事監理を行う義務が含まれていた」
 ということについては、争う。

 工事監理は、設計図書と照合し、
 工事が設計図書の通り実施されているかどうかを
 確認するものである。

 設計、建築確認申請手続の延長で行われ、
 中間検査及び完了検査と一体のものとして行われるのが通常であるから、
 工事監理業務の委託も、
 本件請負契約とは別に締結される
 準委任契約に基づいて行われるもの
である。
 
 本件請負契約に、
 一級建築士において工事監理を行った結果を、
 建築法に則った書面をもって
 施主Pに報告することが含まれているという判断については、否認する

 工事監理の結果報告は、
 工事監理に関する準委任契約に基づく義務である。 

第2 施主Pの主張

1.本件建物確認申請書副本、本件建物確認済証、
  本件建物中間検査合格証について 

(1) 原判決の誤り

①双務契約に基づく履行であることとの関係

 原判決は、本件請負契約の義務の履行として、
 本件建物確認申請書副本、本件建物確認済証、
 本件建物中間検査合格書が作成されていると判断しているが、
 これらの業務は、おまかせ建設会社と施主Pとのあいだで、
 本件請負契約とは別に締結された
 準委任契約に基づくものであり、
 当該準委任契約は双務契約である。

 仮に原判決が支持する通り、
 本件請負契約に基づく成果物であったとして、
 原判決は、
 双務契約である請負契約に基づくものと判断しておきながら、
 理由を示すことなく、
 おまかせ建設会社による同時履行の抗弁権を否定し、
 直ちに施主Pに引き渡すべきものと判断しているところに誤りがある。

212474




不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。


失敗ブログ165