私(施主P)とおまかせ建設会社は、
現在お互いが訴え合っている状況であります。

先に裁判を起こしたのは
おまかせ建設会社です。

おまかせ建設会社が完成もしていないし
追加もしていないのに
「建設代金の残りと、追加工事費の2000万円合わせて
5000万円をお金を払え」
と訴えてきたので、
私がおまかせ建設会社に対して
「ちゃんとけじめをつけてからでないとお金は払えない。
施主である私に何も書類をくれていないから
それを渡してほしい」

という裁判を起こしました。

そのため、2つの裁判が同時進行しております。
私が書類と渡してほしいと訴えた裁判は(私が原告)
判決が出ましたが、納得できるものではなく
控訴しました。
(納得のいかない「事実及び理由」判決理由は、
失敗ブログ100~109で細かく記事にしています。)
(控訴の内容は、失敗ブログ127~137 に書いています)

その控訴裁判の判決が来月下される予定です。

(前回までの記事は私が訴えられている方の裁判の記事でしたので
=私が被告
ちょっとややこしいですよね)
控訴内容をちゃんと認めてくれたらいいのですが。

GWに家族で
まだおまかせ建設会社の所有物である
本来ならたくさんの入居者の方に入っていただいているはずの
マンションを見に行きました。
(囲いもしてありますし、
中には入れませんが、
異変はないか定期的に外から見ております)

マンションも早くどなたかに入居してもらいたがっているだろう
と感じました。

建物は器だけあっても存在価値はありません。
中で人が生活してくださってこそ生きるのです。

早く住むことができるような状況にしてやるからな!
と思いながらマンションを見上げました。
悔しいなー!

2192349_s



不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。

失敗ブログ185