訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ

満を持して、不動産経営に乗り出したのに、その船はいきなり転覆。 私は、泥の海を泳ぎ切ることができるのか?

2021年11月

今までのおさらい>

*出席者は、私夫婦、
  おまかせ建設会社代理人田中弁護士
  専門委員 寺田、是永一級建築士

追加工事の件で
相手の弁護士の書類も
進め方もぐちゃぐちゃなので
話が進まない。

意味のない会話がつづくのであった。

★本日の記事★

裁判長
施主Pさんは、
 追加工事はないと主張されていますが
 もし、あるのなら
 それの明細を出して欲しいと言っておられますね。
 
 おまかせ建設会社さんが請求している追加というのが
 妥当なのかどうなのかを話し合っているわけですが
 全然すすまないですね。
 ずっとはっきりしませんね。」


おまかせ建設会社さんが
 はっきり明細を示さないのは、
 何か意図があるのですか



田中弁護士
意図??

裁判長
だから、バルコニーの話一つでも
 どこを見たらわかるんですか?と聞いても答えない。
 前から話題になっていることに対して
 何も答えないというのは
 どんな意図があるのですか?


田中弁護士
書類のことですか?

裁判長
変更のところは、元のと比較しないといけません。
 それを明確にしてくださいと何回も言っています


田中弁護士
バルコニーの話ですか?

ええっ、裁判長の話、ちゃん聞いていますか?
 あまりのちぐはぐな会話に
 呆れる私。
 会話のキャッチボールができていない。)


裁判長
変更前のバルコニーの詳細はどこを見ればわかるんですか?
 書類の中にあるはずなんですけれど。


田中弁護士
これは、そういう計算の仕方はできないんです。」

裁判長
意図してやっていない(分かっていて、わざとやらない)
 ということですか?


田中弁護士
そうですね。

裁判長
全部がそうなんですか?

田中弁護士
全部というわけではないですけども。

裁判長
ここは仕様変更したのが明らかだ
 といえる所は、ないのですか?


田中弁護士
はい。

裁判長
田中弁護士は、仕様の詳細を出すことは
 割に合わないからやりたくないということですか?


田中弁護士
そんな細かいことできないんですよね、私には。

施主P(私)
この件に関しては打ち切ることはきないんですか?
 おまかせ建設会社は、立証できないじゃないですか。


田中弁護士
なが~~い無言のあと)・・・計算出させます。

(おいおい、今から計算出させるって?
 今まで話し合ってきているのは何だったんだ??


施主P](私)
私たちは追加金を払わないと頭ごなしに言っていません。
 追加がないはずなのに
 訴えられたから
 説明してほしいと言っているのです。
 
 追加したという部分がわからず
 教えてほしいと言い続けてもう何ヶ月たつのでしょう。
 教えてほしいと手紙も送っていますが
 社長は調停にも出てこないし
 田中弁護士しかいないのですから
 田中弁護士にちゃんと説明してほしいのです。


あれ?この台詞、何回目かな?
堂々巡り・・・・・

5100918_s



不動産投資ランキング

失敗ブログ118
    このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブラックフライデー」とは、
感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。
アメリカでは、その日の前後から
大規模なセールが行われるそうですが
日本でもその言葉が根付いてきましたね。

買い物に行ったら
ツリーにも「ブラックフライデー」の文字が。
お菓子なども福袋になって売られていましたが
節約、節約!
横目で見て、通り過ぎました。


IMG_1146

ネットでも『ブラックフライデー』のセールが喧伝されています。
今日までのところが多いかもです。

ブラックと聞くと
今の私はいいイメージをもたないのですが
セールは嬉しいですね。

もうすぐ12月。
気持ちは落ち着かないけれど
親の気持ちが子どもに伝染してしまってはいけないので
クリスマスプレゼントぐらいは、こっそりと
用意しないといけないなと思いました。

そこはきゅっと切り替えないと。

いつまでサンタクロースを信じてくれるかな?



不動産投資ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今までのおさらい>

*出席者は、私夫婦、
  おまかせ建設会社代理人田中弁護士
  専門委員 寺田、是永一級建築士

田中弁護士が出した
おまかせ建設会社が主張する追加工事の書類は
追加工事というより変更工事だった。

田中弁護士は増えた分だけ請求してきたが
裁判に伏された専門委員が
「減った工事もあるのに
それを書いていないのはおかしい。
おまかせ建設会社は二重取りするのですか?」
と追求してくれた。

★本日の記事★

田中弁護士
一応、工事一覧表には
『減』の項目を入れています。


裁判長
書類上は変更ないのに
 請求するとき、減らしてると言うことですか?
 そのことを書類に書いていませんね。


田中弁護士
出精値引きをしました
 どんどん追加されていくと
 大変な金額になるので、
 現場でそのへんを考えながら苦労しているのです。
 本当はもっと施主Pに請求しないといけないのに
 それをなんとか抑えてこの金額にしているんですよ。


出精値引きとは
経費の見積を出した側が、
自らの努力によって値引きしたことを表す項目。
例えば、100万円の予算に対して見積額が110万となったときに
値引きの明細を出さずに、
出精値引き10万として数字を丸める場合などにも用いるものです。)


裁判長
出精値引きですか。

田中弁護士
出精値引きと言うより、施主Pさんの財布事情を考えました。
 どんどん注文してくるけれど
 施主Pさんに請求できるものと
 できないものがあり
 そのへんでうまく調整してるんです。


わからないようなので
 一度担当者を連れてきましょうか?

裁判長
本来は、双方の言い分を聞いて
 問題になる部分をつめるというのが
 普通のやり方です。


田中弁護士
でも、私には
 これ以上の説明をする能力がないです
。」

寺田専門委員(1級建築士)
建築の法律は難しいでしょう?

田中弁護士
そうなんですよー。

施主P(私)
この話ってこれまでもずっとしてきていて
 未だに追加前の内分け明細が出てこないのが残念です。
 追加工事の価格について話し合うには
 最初がどうだったかが大事だと思うのです。
 でも、最初の金額が今ははっきりわからず
 おまかせ建設会社は
 渡そうと思ったけれど渡せなかった
 とか言っていますが
 いただいていないんです。
 追加料金の明細もわからないし
 書類によって金額が違うので
 全く信用できないんです。


私は、お金を払わないつもりではなくて
 追加変更が妥当とわかれば
 ちゃんとお支払いします。

 詳細を教えてほしいと
 終始一貫お願いしているのに
 追加工事の明細をいただけないので
 お金を支払えといわれても
 払えない状態です。


。。。私の言い分おかしいですか?
皆さん、どう思われますか?
785965



不動産投資ランキング

失敗ブログ117
    このエントリーをはてなブックマークに追加

<今までのおさらい>

*出席者は、私夫婦、
  おまかせ建設会社代理人田中弁護士
  専門委員 寺田、是永一級建築士

田中弁護士が出した
おまかせ建設会社が主張する追加工事の書類は
検討の際必要な「最初の金額」「最初の図面」
あやふやだった。

裁判長が、田中弁護士が答えていないのに
「それは、こう言う意味ですか?」
と田中弁護士をサポートするような進行をしている気がした。


★本日の記事★

裁判長
「早く仮契約書の金額を示して下さい。」

田中弁護士
お~見つかりました。甲61号証でした。

裁判長
では、それに甲48号証の2枚目がプラスされたものが金額の前提で、
仕様は甲50号証ということですね?

(なんてややこしい。施主P心の声)

田中弁護士
はい、仕様は甲50号証です。


寺田専門委員(1級建築士)
田中弁護士に質問します。
 おまかせ建設会社が請求されているのは5000万強となっていますが、
 2800万円が追加の分ですよね?
 明細を見ていくと、どうも数字が合わないんですが。


田中弁護士
あーごめんなさいね。
 これの説明は現場担当者を連れてきて
 させた方がいいと思いますね。
 私はわかってなくて。


寺田専門委員(1級建築士)
まあまあ、そう言わないで
 私の話を最後まで聞いて下さい。
 元は四角いベランダの形がかわり、
 小さくなっているから費用は減額されているはずです。

 追加ばかり主張しないで、
 小さくしたところ、省いたところは
 金額を引いていかないといいけないのではありませんか?


田中弁護士
寺田さんがおっしゃっている机上の論理はわかりますよ。
 でも、そこの部分は現場担当者に聞かないとわかりませんね。


是永専門委員(1級建築士)
普通は増えた分も減った分も書くのです。
 この書類、増えたところしか書いていませんね
。」

田中弁護士
バルコニーについては、
 本来とてもこんな安い金額ではできない価格で見積もったんですよ。
 だから小さくしても、
 手間とか型抜きとかがあって、
 本来かかった価格にもどしたわけです。


寺田専門委員(1級建築士)
ここに書かれている金額は、
 相場より高い気がします


田中弁護士
特注ですからね。

寺田専門委員(1級建築士)
特注としても、高く感じますね。

田中弁護士
そんな相場の話をされても、
 弁護士ごときにわかるはずありません。
 担当者に来てもらわないとね。


裁判長
担当者に聞いて、話を詰めて行くにしても
 弁護士としてもう少しわかりやすく整理してください。
 争点が整理できません。


寺田専門委員(1級建築士)
タイル工事でも、吹きつけがなくなっているのに
 その分の金額が減らされていない。

 だから、追加変更というのであれば、
 減った分も明細を出さないと話になりません
 この建設工事は、追加というより、仕様変更です。
 増えたものもあれば、減ったものもある。
 それを一覧にしないとだめです。」


是永専門委員(1級建築士)
増えたのだけ書いて、
 減った工事を書いていないのは2重取り
ですよ。」

22761856_s



不動産投資ランキング

失敗ブログ116



    このエントリーをはてなブックマークに追加

<今までのおさらい>

*出席者は、私夫婦、
  おまかせ建設会社代理人田中弁護士
  専門委員 寺田、是永一級建築士

田中弁護士が出した
おまかせ建設会社が主張する追加工事の書類は
他の出席者の誰もがわからない書類だった。

おまかせ建設会社は私に
「追加工事のお金を払え」と訴えているが
最初の工事の図面や金額が不透明で
そのことを田中弁護士は説明できず・・・

★本日の記事★

寺田専門委員(1級建築士)

「仮契約書の施工床面積=階数を低くして書かれた甲53号証の施工床面積
 ですよね。
 だから甲53号証が最初の状態なのではないですか?」


裁判長
「田中弁護士は、甲50号証が
 最初の状態、つまりそこから追加工事があったと主張していますが
 甲50号証は、おまかせ建設会社の標準パックの図面なので
 事実と違うから
 最初の状態は、甲53号証ではないのですか?」


田中弁護士
うーん。建物の形は甲53号証です。

裁判長
「すると、建物の形は53号証で、仕様は甲50号証ということなのですね。」

田中弁護士
そうです。

裁判長
「では、追加工事の確認の際に使う、最初の基準は
 甲50号証+甲53号証ということですか?」

田中弁護士
・・・(無言)

裁判長
「施主Pさん、これでおまかせ建設会社の主張はわかりましたか?」


施主P(私)
この内容のことをおまかせ建設会社は、
 理解していないんじゃないんですか?
 追加工事が発生する前の金額というのは、
 いったいどれなんですか?


田中弁護士は、同じことを繰り返しているだけですね。
 田中弁護士の言いたいことを、裁判長がまとめて
 裁判長が結論を決めている、ように見えるのですが。


裁判長
「おまかせ建設会社の主張をまとめているだけです。」

施主P(私)
裁判所さんの方で、主張の方向性を決めておられるように感じます
(私のこの発言に対して、裁判長は言い返さなかった)

裁判長
(田中弁護士の方を向いて)
 施主Pさんは金額を聞いていますが、どこに書いてありますか?


田中弁護士
元の契約の金額のことですよね?48号証ですね。

裁判長
その書類は、見積書ではありません。
 金額を書いている書類です。


田中弁護士
追加工事の金額ですか?
(何言ってるの?話聞いてた?と心の中で突っ込む私)

裁判長
そんなのは、今確認していません。
 元になる金額です。つまり仮契約の金額です。


田中弁護士
48号証の2枚目、3枚目・・・

裁判長
いやいや、見積書です。

田中弁護士
見積書?

裁判長
見積書はあったでしょ?

田中弁護士
えっと、仮契約書の見積書は?
 えっと、どこかな?(自分の証拠書類を探す)


裁判長
そんなに探さないといいけないんですか?
 すぐに答えて欲しいですけど!


コントをみているようですが
ここは裁判所です。

22698253_s





不動産投資ランキング



失敗ブログ115
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ