訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ

満を持して、不動産経営に乗り出したのに、その船はいきなり転覆。 私は、泥の海を泳ぎ切ることができるのか?

2022年03月

私(施主P)とおまかせ建設会社は、
現在お互いが訴え合っている状況であります。

そのため、2つの裁判が同時進行しております。

私→おまかせ建設会社
の裁判は、昨年判決が下りました。

とうてい納得できるものではなかったので
私は控訴しました。
(納得のいかない「事実及び理由」判決理由は、
失敗ブログ100~109で細かく記事にしています。)

しかし、おまかせ建設会社も
同じく控訴してきました。
(控訴の内容は、失敗ブログ127~137 に書いています)

そのおまかせ建設会社代理人、田中弁護士の控訴理由書と
私の控訴理由書に対する答弁書を出してきました。


<おまかせ建設会社の控訴書類>

★原判決に対する認否★

1.本件建物確認申請書副本、本件建物確認済証、
  本件建物中間検査合格証について

 本件契約に基づいて、
 おまかせ建設会社が、
 本件建物の形状、構造、及び仕様を特定すべくその設計を行うこと、
 そのようにして特定された本件建物の建築計画につき
 建築基準法に定める確認の申請の手続きを
 施主P(私)に代わって行うことを受託したことや、
 この受託の趣旨には、
 これらの業務を一級建築士に行わせることが含まれていた事は、
 私たちも納得している。(原文は「認める」と書かれている)

 ただし、本件仮契約は「設計申込書」と記載され、
 受託業務が建築確認申請と明記されている通り、
 本件請負契約を締結させるに先立って締結される設計
 及び、建設確認申請手続きの代行を申し込む契約なので、
 本件請負契約と同趣旨の請負契約の仮契約ではない。

(2) 設計業務及び確認申請代行業務について
 
 本件管理契約に基づく設計業務
 及び確認申請の代行業務が、
 建物を建築する準備として、
 建築の目的である建物を特定するとともに
 建築確認を受けて着工が可能な状態にすることを
 目的としている事は、認める。

 しかし、上記各業務受託が、
 建築請負の合意に伴ってされたものである事は否認する。

 建築請負の合意は、
 本件仮契約に基づいて設計が行われ、
 建築確認済証が得られるめどが立った後に、
 当該設計に基づく建物を建築する事を内容としたものとして
 締結されるのである
から、
 上記各業務は、建築請負の合意に先立って、
 当該合意とは別の合意に基づいて行われたも
のである。
  
 前記各業務が請負契約の内容に含まれていた事は否認し、
 これらの業務の委託が
 「建築工事との関係で従たる性格のもの」
 と位置づけられる事については
 納得がいかないので、争う。


22147034_s




不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。


失敗ブログ163
    このエントリーをはてなブックマークに追加

卒業式の季節ですね。

卒業生のお子様のおられる皆様
おめでとうございます!

学校を卒業したのってもうずいぶん前のような。

新しい生活様式のために
卒業式も感染対策が行われるようですが
先日、近くの高校や中学で卒業式が行われているのを見て
学生服が懐かしくなりました。

(裁判から卒業したい!!)

147935_s



    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はホワイトデー

昔からこんなのありましたっけ?(笑)
しかし、バレンタインデーに嬉しい思いをした私は
お返しせざるをえないのです。

プレゼントで愛を確認するのは
わびしいかもしれないけれど
そんな難しいこと言わないで
このイベントも楽しんだらいいですよね。

男性の皆さんは
いくつくらいお返しなさいますか?

ちなみに私は、片手にも及ばない数なので
お小遣いでまかなえます(´・ω・`)

IMG_1948


不動産投資ランキング

いつも応援ありがとうございます!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

私(施主P)とおまかせ建設会社は、
現在お互いが訴え合っている状況であります。

先に裁判を起こしたのは
おまかせ建設会社です。

おまかせ建設会社が完成もしていないし
追加もしていないのに
「建設代金の残りと、追加工事費合わせて
5000万円をお金を払え」
と訴えてきたので、
私がおまかせ建設会社に対して
「ちゃんとけじめをつけてからでないとお金は払えない。
施主である私に何も書類をくれていないから
それを渡してほしい」

という裁判を起こしました。

そのため、2つの裁判が同時進行しております。
(ややこしくてすみません)

前回までは
おまかせ建設会社→施主P(私)の裁判の内容でしたが
今回より、
私→おまかせ建設会社
の裁判の内容に戻ります。

話が混乱するので
今日の記事は今までのおさらいとさせていただきます。

こちらの方は、私が訴えているので
さっさと進めております。
牛歩戦術はとりませんから
昨年、判決がおりました。

裁判長が何を言っているのか
脳震とうを起こしたような衝撃が走りました。

主文
1.おまかせ建設会社は、
 施主Pが建築主とするマンションの
 建築基準法上の確認手続の確認申請書、
 副本及び確認済証、中間検査合格証2通を引き渡せ。

2.おまかせ建設会社は、
 中山建築士が作成した工事監理報告書を交付せよ。

3.施主Pのそのほかの請求は棄却

4.訴訟費用は、施主Pとおまかせ建設会社のものは、
 施主P:おまかせ建設会社=7:3
 その他の訴訟は、全額施主Pの負担とする。

1と2については、私の請求したとおりであり、
関係書類を施主に渡していないということ自体が異常なのだから
認められて当たり前だと思いましたが
なぜその他の請求が棄却で、
訴訟費用がほとんど私の負担になるのでしょう!?

費用については、棄却された分の訴訟費用で
棄却されたがゆえに、
私の負担という判決がおりたのでしょう。

つまりボトルネックは
書類を渡すこと以外の訴えが
棄却されたことにあります。

その判決内容は、
大変不服だったため、
私は控訴しました。
(納得のいかない「事実及び理由」判決理由は、
失敗ブログ100~109で細かく記事にしています。)


しかし、おまかせ建設会社も
同じく控訴してきました。
(控訴の内容は、失敗ブログ127~137 に書いています)

そのおまかせ建設会社代理人、
田中弁護士の控訴理由書と
私の控訴理由書に対する答弁書を出してきました。

その内容について次回より
記事に挙げていきたいと思います。
863637_s




不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。


失敗ブログ162
    このエントリーをはてなブックマークに追加

<前回のおさらい>

これは
おまかせ建設会社が私を訴えている方の裁判の話。

おまかせ建設会社は、
マンションは建設を完了したので
建設代金の残りと、追加工事費合わせて5000万円を
私に支払うように裁判を起こしてきました。

しかし、私は施主完了検査も行っていないので
裁判の正式な場で施主完了検査を行うことと
その日は鍵を開けにきてほしいこと
(おまかせ建設会社や弁護士に立ち会ってほしいこと)
来なかったら、私は鍵業者を使って解錠して入ることを
宣言して、施主完了検査を昨年行いました。

工事の完成していない部分が目立ち
建物がまだ建設完了したと言えない状態でした。
(失敗ブログ140~155)

そんな中、おまかせ建設会社代理人の田中弁護士から
次の裁判の準備書面が届きました。

その準備書面に対する反論、最終回です。

<田中弁護士の準備書面に対する反論>

青字が田中弁護士の書類
 赤字が私の反論です。

3.施主P(私)は、令和3年末に
 本件建物の全ての部屋の扉の
 既設鍵シリンダーを抜き取り
 新たに自分で勝手に錠前を用意し、施錠した。
 
 おまかせ建設会社は、
 令和元年よりずっと完成を主張し

 引き取りをしてほしいと提案していたが
 施主P(私)は、施錠されていた部屋を解錠し
 鍵を付け替えたのであるから
 おまかせ建設会社は
 物理的に本件建物の引き取りを完了させたことになる。
 
 なお、鍵が壊されている証拠写真も添付する。

壊された鍵
↑ 田中弁護士が添付した写真
 

 ★この施主完了検査の実行に関しては
 以前の裁判の準備書面で通知している。
 
 しかも当日、鍵を開けてほしいので
 立ち会ってほしいとも伝えたし
 来なかったら、しかたないので
 こちらで鍵業者を手配して開けますからね!と
 ちゃんと正式に伝えている。


 その上、鍵を抜き取り、
 検査をした後は
 新しい鍵を付け直し
 すぐに田中弁護士に新しい鍵を送ったのに
 その鍵を私に送り返して
 裁判長・専門委員(1級建築士)・弁護士・私がそろった
 現地確認の際に(おまかせ建設会社の社長は来なかった)
 鍵がなくて、中に入ることができないという事態にまで
 進展したのだ。

 その後、田中弁護士から私に送り返された鍵は
 私がおまかせ建設会社に送ったので
 私は、今、鍵を持っていないし
 施主完了検査をしたことが
 引き取りしたことにはならない。

 いいかげんにしてほしい!!


 

不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。


失敗ブログ161
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ