訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ

満を持して、不動産経営に乗り出したのに、その船はいきなり転覆。 私は、泥の海を泳ぎ切ることができるのか?

カテゴリ: 不動産投資について

私が不動産投資にチャレンジしてみようと思ったのは
母がたまたま不動産セミナーに行って
「とてもいい話だった。
あなたも不動産投資してみたら?」
と教えてくれたからだった。

そのセミナーを開催していたのは
松本鉄也という不動産コンサルティングマスターだった。

22782389


あちこちで起業家育成塾をひらいており
本も出していて
かなり活動している人である。

それで私もセミナーを聞きに行った。
方言が、私の故郷に近いものがあり
話し方も人を惹くものをもっていたので、
次第に松本さんに信頼をおくようになっていくのに
時間はかからなかった。

それから何年かセミナーに通い
個人的にも親しくなって
「施主P、マンション建てへんか?」
と誘いをもらうまでの仲になった。
私は喜んだ。
「松本さんに相談すれば
まちがいない」
という気持ちになっていたのは否めない。

建築用地購入にも
関わってくれた。

いろいろな要素が重なり
松本コンサルタントを疑う気持ちは
全くなかった。

だから、松本さんと
賃貸マンションを建てるためのコンサルタント契約を
結んだのだった。
委託料は300万円
全額一気に払うように言われたので支払った。
(ここで、うさんくさいことに
気づけばよかったです)

すると
「マンション建てるんやったら
おまかせ建設やで。
ここ、よう、知ってるねん。
この会社に任せておいたら
間違いないから。」
と言われた。
「じゃ一回お話、聞かせてもらいます。」
とおまかせ建設会社営業に会う席を設けてもらったら
話を伺うどころか
その初めての顔合わせで
仮契約を結ぶような感じに話をもっていかれて
不審に思いながらも
そのままおまかせ建設会社に任せることになったのであった。

これが、おまかせ建設会社と
契約を結んだいきさつのおさらいです。

でも、これは元々
松本さんがおまかせ建設会社とタッグを組み
紹介料をもらう約束で私を誘いこむという契約だったんです。
そのことを後で知り
ずいぶん地団駄を踏みました。

裁判の話が続き
松本コンサルタントの話がほとんど出てきていませんが
今の松本さんは何をしているのか
次回に続く・・・


不動産投資ランキング


私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。

失敗ブログ188
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 実は、今までの記事には挙げていなかったが
私は、このマンション建築をする前に
一回だけ中古物件の賃貸経営をしたことがある。

3階建てマンションで、満室を維持できたのだが
築年数がたっていたことで
経年劣化による修繕・補修が多く
手間がかかるわりに利益がそれほど出ないため
すぐ手放した。

その頃、賃貸住宅経営者の会に参加させてもらっていたので
いろいろな話を会員の皆さんから聞いた。

ある方の所有されているマンションでは、
近くに大型ショッピングセンターができることになり、
急に満室になったとか
反対に、近くにあったスーパーが撤退したため
買い物の不便さから、少しずつ退室者が増えていっているという話など、
特に賃貸住宅は周辺環境に影響されるなとすごく思った。

祖父の所有していた実家は、駅近だったので、
店舗部分にすぐ借り手が出た。

マイホームとなると、選ぶ基準が変わる。

マイホームの購入にはお金がかかり、
特に一軒家の場合は、大金持ちをのぞいて
主に資金の関係で
折れても良い条件(駅からの距離など)と
折れたくない条件(自然とふれあいたいので、庭があるなど)
のかねあいを考えて、
後は住みやすさ、学校、病院などの条件を考えて
一生住む家と考えて
どこかで妥協点を見つける必要がある。
その人の生き様の計画で
選び方が変わると思う。

でも、賃貸物件は、気に入らなかったり
自分の生活状況が変わったりしたら、
気軽に引っ越せるので
たくさんの人が求める条件、その共通項を
できるだけ満たしている必要がある。

それで、中古物件ではうまくいかなかったこともあり
新築マンションを建てる決心をしたのだった。

使用マンション



不動産投資ランキング

失敗ブログ72
    このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅の土地と家は、祖父名義だった。


怒る老人
認知症になった祖父が
投資詐欺に遭って、
どんどん投資をしはじめたとき
家族の言うことも聞かなくなっていた。

そこで、家族は相談し、
住んでいるところまで担保に入れないように
祖父の生前に、自宅の建て直しを名目に
土地、自宅建物の名義変更を行った。

実家の敷地は、立地がよかったので
建て直しの時に、店舗付住宅にした。
私にいろいろ助言を求められ、
書籍を読んだり、話を聞きに行ったりして研究し、
いろいろな人の協力も得て
実家は、家族の住む場所と、
他人に貸す店舗がついた住宅に建て変わった。

店

運良く、店舗部分はすぐ借り手が見つかって
そこから家賃が入るようになったので
建築費用のローンを返していく上でも助かったし
親はとても喜んでいた。

その経験から、
私も賃貸経営をしようという気持ちに傾いていったのである。


不動産投資ランキング

失敗ブログ71

    このエントリーをはてなブックマークに追加

大学を卒業してからは、機械を扱う会社に就職。
私は理系だったので、
子どもの頃から数字を見るのが好きだった。

祖父が、証券マンで、
よく新聞の株式の欄を読んでおり、
横からのぞき込んで、
企業名と数字を見比べ
日々変わっていくのを祖父が熱心にみていたのに興味をもった。



sinnbunn

祖父は子どもの私に簡単に説明をしてくれたのだが、
私は、自分で好きな企業を決めて、
その企業の数字が
毎日どう変わっていくか見るのが楽しいと思った。
今は、どの企業に興味をもっていたか忘れましたが(笑)

世の中には働いて賃金を得て生活していくだけではなく
頭を使って「投資」というものをして
お金を稼ぐ方法があるのだということを知ったきっかけでもある。

その祖父は、認知症になってしまい
投資詐欺にひっかかったが
認知症ではないかと疑っていたものの
診断されるまでには時間があったので
すぐには家族は気づかず、
気づいた時には、
老後資金も入れ始めていた。

家族一丸となって、
それを阻止しようとしたが
歯止めが利かず、危ういところまでいってしまった。

(株式投資もリスクがつきものですね)


不動産投資ランキング

失敗ブログ70
    このエントリーをはてなブックマークに追加

私に人生の指針を与えてくれたのは
ロバートキヨサキの
「金持ち父さん、貧乏父さん」という書籍。
ひところ、大変売れた本だ。


やたら売れていると聞いて読んでみたら
これがまた私のツボに入ってしまった。
楽にすぐにお金持ちになれるわけではないけれども、
お金に関する考え方がこの本を読むことで変わったのだ。

中でも印象的だったのは
・資産と負債、投資と投機などの
 自分が使っている言葉の使い方の重要性

・PL(損益計算書)、BS(貸借対照表)、CF(キャッシュフロー)などの
 財務諸表の大切さ

・借金やレバレッジは悪ではない。
 使い手の問題である。

・コインには裏と表がある。
 誰かの資産は、誰かの負債である。

 ・家は資産か、負債か。
 
           などなど。

物事に対する考え方が私と全然違っていた。
この本を読んで、
お金についての基礎的な考え方を知れたと思う。

お金持ちになるには、ビジネスや投資をしないといけないが
何から始めたらよいのか?
それを考えるのは面白い。

でも、物品を売って儲けるというシンプルな商売でなく
お金の流れを理解して資産を増やすという、
発想の転換をさせてくれたことは
まちがいなくこの本を読んだ成果だといえよう。

私にとってのカルチャーショックだった。
この本をきっかけに
不動産のみならず、株や保険から、会計や法律など、
広く浅く本を読んでいった。
生活の中で実践してみると、効果がでるので楽しかった。

そして、外国で 日本にはない建築物をいっぱい見て
建物にかなり興味をもったことも
不動産投資をしようと思ったことに結びついている。

d風景




不動産投資ランキング

失敗ブログ69
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ