訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ

満を持して、不動産経営に乗り出したのに、その船はいきなり転覆。 私は、泥の海を泳ぎ切ることができるのか?

カテゴリ: 施主Pの行動

私たちの裁判は
あらかじめ自分の主張を書いた文書を準備し
お互い裁判の日までにそれに目を通し
相手の言いたいことを知って
それに対する弁論を用意するのです。

私がおまかせ建設会社に訴えられている裁判の詳細は
前回、裁判長も去っていって、
消化不良のまま、終わったのですが、
その際、相手側の田中弁護士は
書類をきちんと用意していなかったので
無駄に裁判が長くなり
田中弁護士は裁判途中で退席したわけです。

私は、その日、裁判長に用意するように言われた
「宿題」はなかったものの
書類を準備しておりました。

それを紹介します。

★施主P(私)の準備書面★

1.発注者の完成検査について
 
おまかせ建設会社は、
本件契約は平成31年3月末に完了している予定だったのに
大幅に工事を遅延させた上、
こちらには何も報告せずに
「工事は完了したので、
最終工事代金と追加料金を払え」
と裁判に訴えてきた。

しかし、私は、引き渡しを受けて折らず、
鍵もないので
本件建物の外観は確認できるものの、
建物全体(中味)がどのような状況であるのか
全く確認ができていない。
従っておまかせ建設会社が
「工事は完了した」と言っているのを鵜呑みにはできない。
もし完了していない部分があったとしても
修理を求めることすらできない状況にある

2.私の完了検査

上記の経緯があるため、
私は今年春に「施主完了検査」をさせてほしいと申し出ている。
しかし、それに対しておまかせ建設会社は何ら主張せず
裁判所の指示もないので
私は本件建物の請け負い契約約款に基づいて
発注者の権利義務を行使して
近日中に完成検査を実施することとする。

3.完成検査の実施日
 
上記の私が行う完成検査は本年10月30日以後の
できるだけ早い時期に実施する。

4.おまかせ建設会社の協力が得られない場合の対策
 
私が「施主完成検査」を行う上では、
さまざまな書類が必要であるが、
おまかせ建設会社が
これらの書類提出に応じない場合は
検査が十分できない可能性がある。

それでも、可能な範囲内で検査を行わざるを得ない。
そして、検査のためには建物の鍵の提供が必須である。
しかし、おまかせ建設会社が
鍵の提供を行わないときは、
施主の責任において
施錠されている部分を専門業者に依頼して解錠する。
そして、検査をする。
本件建物は、引き渡しが完了していないので、
現在の所有権はおまかせ建設会社にある。
このような処置をとることは避けたかったので
今まで待ってきたが、
やむをえないところまできているので
この書面において、こちらで解錠して検査をすることを
おまかせ建設会社に通知する。

私は、この書面において
おまかせ建設会社が鍵を渡してくれないので
中が私の注文通りに建てられているのか
検査するため
専門業者に依頼して
私の責任で解錠して中に入ることを宣言した。

それはまた後日の記事で詳しく書きたいと思います。

準備書面はまだ続きます・・・
おまかせ建設会社のひどい内容を書いております。

22073759_s


    このエントリーをはてなブックマークに追加

当初、コロナの影響もあって
裁判が滞っていましたが
今は、おまかせ建設会社の方がなかなか動いてくれなくて
(お得意の「無視」)
東奔西走している感じです。

それでこのブログの更新も止まっていました。
私もへとへとです。


前回私は、おまかせ建設会社に訴えられたため
答弁書をブログに載せましたが
私も穏便に決着ができそうにないので
おまかせ建設会社を訴えました。

必要書類提出請求です。
今おまかせ建設会社から訴えられている裁判の内容は
残金請求&追加金請求
なのですが、
お金を要求してくるくせに
いまだに私が設計図などをもらっていないことがおかしいのです。

だから双方が被告で原告という形になります。
2本の裁判を並行して行っている形です。

それを勝ち得て、
おまかせ建設会社からの裁判にも勝ち
次の段階に進めていきたいと思います。

次回より、
おまかせ建設会社が訴えてきた裁判での
矛盾だらけの準備書面を
記事に挙げていきます。

裁判所3



不動産投資ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

私はできることなら裁判は避けて
話し合いで解決したいと強く望んでいた。

私は特別なお願いをおまかせ建設会社にしたわけではない。
読んでくださっている皆様には
おわかりいただけると思うが
当たり前のことをお願いし続けているのに
全く聞き入れられず
逆に私が訴えられてまったのだ。

毎日毎日時間が流れていく。
私が依頼して建てた建物は
耐震構造に欠陥を抱えたまま
私は引き渡してもらっていないため、
その欠陥を確認することも
修繕を要求することもできず、
おまかせ建設会社が所有していることとなっている。
(つまり引き渡ししてもらえていない)

しかし、おまかせ建設会社から訴状が届き
しかもその訴状もでたらめだったため、
もうどうしようもなくなって
私からも裁判を起こさないと、
先に進めない状態となったのだ。

その際もさまざまな悩みを
話した。
お二人は、自分のことのように私を心配し、
応援してくださった。

おまかせ建設会社から訴えられたのは
まさに晴天の霹靂。

思いもしないことが起きて、
心が折れそうになったが、
「賃貸住宅を建てる上では
そういうトラブルはあり得ることだ」
と、吉野さんや会長の満月さんは励まして下さった。
お忙しい身なのに
本当にありがたいことだ。


がっかり

私もおまかせ建設会社を訴える
手段をとる方向に進まざるをえなくなった。

私が訴えたのは、
「私に必要書類を渡して欲しい」ということだ。
そのため、私は
「必要書類提出請求」
をおまかせ建設会社に向けて行った。

設計図面や資料がないと、
建物を引き受ける為の施主検査ができない。
建物を建築・維持するにあたって、
設計図面は不可欠だから
それを渡してほしかったからだ。

これを読んでくださっている皆様、
「設計図面や書類を施主に渡しくれ」って
なぜそんなことを訴えないといけないのと
疑問に思いませんか?

物を買うとき、
説明書なしで買いますか?
買う時は、詳しい説明を販売員から受けますよね?
通信販売だって、ちゃんと仕様説明を記載していますよ。

そんな当たり前のことを
訴えないといけなくなったなんて
情けなかったけれど
今の状態から這い上がるためには
私にとっては必要な裁判であったのだ。


不動産投資ランキング

失敗ブログ41



    このエントリーをはてなブックマークに追加

行政からの調査を逃れるために
先手を打って、私を訴えてきたおまかせ建設会社。

それにはもう一つ理由があった。。

おまかせ建設会社の社長と話し合ったあと
いったんは私のマンションを買い取ると言ったくせに
そこからは
こちらから手紙を何度も送っても全て無視するので、
どうにか話し合いができないかと、
民事調停を申し立てた。

この時期、同時に行政にも動いてもらっていた。

私は何としても裁判には持ち込みたくなかった。

対価に相当する建物を建ててもらっていれば
ちゃんとお支払いするし
普通に契約は終了して
私も賃貸住宅の大家としての活動が始められたわけだから。

この頃になったら
もう工期の遅れとか
ご近所様に迷惑かけたこととか
文句言わないから
とにかく耐震構造のしっかりした
こちらが頼んだデザインの建物を建ててもらえば
細かいことのフォローはこっちでするから!
早くきちんとした建物を建てて
引き渡してくれと思っていた。

2019年の12月頃の話だ。

裁判は、時間もお金もかかるし
時間もかかるから
穏便に話し合いで終わりたかった。

しかし、調停日に、
相手は不出頭で調停が不成立になり
この後におまかせ建設会社から訴状が届いたのだった。

IMG_9505



不動産投資ランキング

失敗ブログ37
    このエントリーをはてなブックマークに追加

欠陥住宅問題を長年取り組んできた
一級建築士・井上さんの助言に従って、
地方自治体に陳情書を書き
行政告発を行った私だったが、
基本的に行政は、
監督官庁としての立場で動いているので、
どの様な指導や罰則をしたとか、
どの告発の内容が問題と判断したから動いた、等々、
情報は全くこちらには伝えてくれない。

建設業や建築士の資格許可を出している、
官庁としての対応なので、
こちら側の味方でもなく、
注意勧告しないといけないと判断したら
その対応をしてくれるはずなのだが
どうなっているのか知りたい
と思うのが当然の感情ではないだろうか。

それで、私は
告発後、どういう風に動いてくれたのか気になって
行政担当者に話を聞きに行った。
 
  行政担当者…緑  私…赤字

「申し立てに書かれていた内容は、
 建設業法、建築士法律に違反している所が見受けられます。」

「では、指導してくださいましたか?
 おまかせ建設会社に罰則は与えていただけましたか?」

「相手方は、設計図面や書類関係を
 全て施主Pさんに渡していると言っています。」

「ええ!そんなわけないでしょう?
 こちらは、これだけの資料を作って、
 もらっていないと陳情しているのに、
 相手が出したと口で言えばそれを信じるんですか?
 第一、その提出したという書類は、見たのですか?」

「いえ、目視確認はしていません。電話で聞きました。」

「なぜ会社に行って確認してくれないんですか?」

「こちらには捜査権がないので、
 会社に入って調べることはできません。」

「業者は電話で適当に答えたらいいので、
 やりたい放題じゃないですか、
 1級建築士の資格を与えたのだから、
 ちゃんと仕事しているのか
 監督してください。
 行政には監督責任があると思います。」
 
この件で指導が入る入らないは、
 施主Pさんには関係ないでしょう?
 こちらは片方だけの訴えで動くことはできません。」

このときには地元の市会議員さんが
心配して同席してくれていたので
監督責任のある行政が、
おまかせ建設会社に指導してくれるよう
議員さんからもプッシュしてもらった。

で、その議員さんのプッシュが効いて
行政がもう少し指導に入ろうとしてくれた矢先
おまかせ建設会社が私を相手どって訴訟を起こしたので
「民事の裁判に影響を加えることはできない。」
と、裁判の結果が出るまで行政の指導は
ストップしてしまったのだ。
ああ。

裁判所3



不動産投資ランキング

失敗ブログ36


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ