訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ

満を持して、不動産経営に乗り出したのに、その船はいきなり転覆。 私は、泥の海を泳ぎ切ることができるのか?

カテゴリ: 係争

私とおまかせ建設会社は、
私の建てたマンションのことで
双方相手を訴えています。

裁判の進行は、亀の歩みのように遅いです。

3年ほどお世話になった裁判官が変わりました。
新裁判長のもとで裁判が始まりました。

<裁判再開その8>
裁判長
「法律的なアドバイスを弁護士さんと相談し
 裁判をしているが
 主張していることの中味は
 設計士からの方が多いということですね。」


「はい、そうです。」

是永専門委員
「一番大きいのは、
 ご契約の内容がスタートからずれがあることですね。
 契約書に
 “ハイセンスデザイナー事務所によるデザインの追加金額は別途”
 と書かれています。
 この書き方だと、
 おまかせ建設会社が
 ハイセンスデザイナー事務所がデザインを追加する
 ということを当初から認識しているということです。」

「ですがおまかせ建設会社は、
 “当初は、ハイセンスデザイナー事務所のデザインで
  見積もりをしたのではなく
 おまかせ建設会社の標準仕様・標準図面で見積もりを出した“
 と言っています。
 ハイセンスデザイナー事務所の指示するデザインのマンションの見積もりか
 おまかせ建設会社の標準仕様・標準図面で見積もりか
 見積もりの出し方のスタートが違うんですよ。
 シンプルな話なんです。

 ハイセンスデザイナー事務所のデザインを取り入れている
 スケッチとかは出てるんですけど、
 そういった資料だけでは、
 おまかせ建設会社の主張をくつがえすには弱いです。
 もう少ししっかりとした、
 “ハイセンスデザイナー事務所がデザインをすることを前提に契約する”
 という証拠になるようなものはないんですか?」


「私はさまざまな書類をもらっていないので
 そういったしっかりした書類は
 おまかせ建設会社が持っていると思うのです。
 立証責任はおまかせ建設会社にあると思います。」

是永専門委員
「だからそれに対抗するためにですよ。
 当時の議事録等あれば、
 それを証拠におまかせ建設会社に追求することができます。
 こちらとしても、お役に立ちたいんですけど。」



「そういう資料はないです。」

是永専門委員
「メモでもかまわないですよ。」


「議事録やメモはないです。
 おまかせ建設会社が(標準仕様)と裁判では言ってますが、
 それも当初からないんです。
 私は聞いていないし
 未だおまかせ建設会社が私のマンションを
(標準仕様で建てる)ことになっていたという立証もできていないんです。」
 
是永専門委員
「施主Pさんだけが悪いと言っているのではないんです。
 立証できないことを責めているわけではありません。」


「もちろんそういうはっきりした証拠があれば
 ここまで揉めることは、なかったんだと思います。
 ないから、食い違いをはっきり説明できないのです。
『それが分かるように書面をください』と
 別の裁判で請求しているのですが、
 相手は全く応えてくれないという状況です。」


是永専門委員
「入口のところが明確にできれば、
 調停委員として、正確に判断できますけどね。」
 
寺田専門委員
「先ほどおまかせ建設会社代理人の田中弁護士が言ってましたが、
『お金を払えないから工事を止めてくれと言われた。』
 と施主Pさんが言ったとのことですが
 そのへんに関してはどうなんですか?」


「そんな事実はありません。
 お金を払わないと言ったことはないです。
 でも条件をクリアしてくれないと払えないとは言いました。
 完成の一カ月前に2000万以上上乗せされた請求があって、
 半年以上前からその2000万円の内訳が知りたい、
 追加金に関して詳細を教えてほしいとお願いしています。
 私が請求されているお金をお支払いする条件はそれです。
 内容が納得できれば、
 元々払うべき残額は、払うつもりで用意しています。
 しかし、追加については、心当たりもなく
 こちらとしては明細を精査して、考えたいのです。
 それについては
 裁判で主張を続けたので
 おまかせ建設会社から
 6月ごろにA4の表だけが送られてきました。
 でも、そんな簡単な書類だけでは納得できません。
 その経緯も今までの裁判で書面に書いて明らかにしています。
 今までの書類を見て下さい。」


※席を外していた田中弁護士(おまかせ建設会社代理人)戻る

裁判長 
「では、今後の進行に関してですが
 双方から話を伺って
 調停委員会として検討させていただく際には、
 主に追加工事のところが話の争点になるかと思います。

 次回までに立証の追加などあれば 出してください。
 こちらの方で調停案を出す流れで進めさせていただきたいと思います。」



田中弁護士
「調停案を出すというのは、次回のその先ですか?」

裁判長
「そうですね、次回、委員からの判断を聞いてからですね。」
「双方、新たな立証を主張される予定はありますか?」
 

「特にないです。」
「次回は調停になるんですか?」

裁判長 
「次回に調停の方向性について色々と賜って、
 それを踏まえて委員の意見も聞くことになると思います。」

寺田専門委員
「もし、新しく出す内容や書類があれば
 今回が最後ということで、
 漏れのないように出していただければと思います。」
 
裁判長
「今まで提出してもらっている内容と、
 次回までに出すものを合わせて、
 こちらから事件解決になるような提案ができればいいな、
 と思っていまして、
 今回のおまかせ建設会社請求の主旨は、
 “追加料金を含む代金を払え”となっていますけども、
 次回にお話をお聞きした上で、
 そのことを検討させていただく事になります。」

22195870_s


不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。

失敗ブログ184 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

私とおまかせ建設会社は、
私の建てたマンションのことで
双方相手を訴えています。

裁判の進行は、亀の歩みのように遅いです。

3年ほどお世話になった裁判官が変わりました。
新裁判長のもとで裁判が始まりました。

<裁判再開その7>
裁判長 
「確かに向こうからの請求を判断する、
 という形になっていて、
 別途にするのは理解できるんですけど、
 ものすごい時間や労力がかかっていて、
 向こうがどういう条件を出してくるかは分かりませんけど。
 施主Pさん側に
 ここでこの問題を解決する意欲があるのでしょうか?」


意欲はあります。あるに決まっているじゃないですか。
 訴えられた当時は2年以上前で、
 当時の状況としては何が起こっているのか全く分からなかった、
 そのような段階でこちらに損害があるかもわからないのですよ。
 生活もかかっているし、相当まいりました。
 今は現地調査を行えて、
 図面も形なりにもでてきたので、
 それを見たら工事ができてない事も分かった、という状況です。」

「確かにこの裁判で解決しない事は理解していますけれども
 裁判がだらだら続きすぎています。
 一日も早い終結を望みます。」


寺田専門委員
「この書面を読んでる限りでは、
 弁護士や司法書士さんがんばってますよね。」


 「はい、色んな人に相談をして
 そして最終、私と妻が話に入って、書類に目を通して出しています。
 裁判には人任せにせず、私たち夫婦は
必ず出廷しています。

「おまかせ建設会社は、社長をはじめ
 誰ひとり裁判に出廷しなくて田中弁護士にまかせっきりですけどね。
 田中弁護士は建築に明るくないので
 本当は訴えた原告の中山社長もここにくるべきなんですよ。」



「一番大きいのは、こんなことをいうと失礼なんですが
 弁護士さんに設計の知識が無いんです。」

「知識がないのにそのまま事を進めようとするので、
 私たちは、弁護士さんだけでなく
 設計士さんに一番お世話になっています。
 私どもはおまかせ建設会社とこの契約をする前に
 建築に関する知識があまりなくて
 設計の契約を薄っぺらい1枚でしているんで。
 本来であればそこに内訳明細書等が必要だったんです。
 それを知らなかった。
 知識がなかった事でこのような揉め事がおこっていますので
 そのことをを痛く反省してまして、
 設計士さんに一番アドバイスをもらって
 ちゃんと自分の言葉で
 正しい内容を裁判で話したいと思っています。

 だから、弁護士さんだけに頼らないで
 この訴訟に対応しています。」


寺田専門委員
だからやねんね、内容がないねん
 対応が甘い。キチっと向こうに対応できていない。
 自分たちの言いたいことを言っているだけやねん。
 だから弁護士だけにしゃべらせなさい。
 建築士は、技術的なことはわかるけれども、
 法律的な事は分からないからね。
 弁護士に任せといたらええねん。


 裁判長
「設計士さんにも話を聞いて、
 技術的なサポートを受けることがあるのは理解できます。
 ただそれを受けたとしても、
 本件は訴訟調停になっておりますので、
 その法律的な観点で立証をどうしていくかは
 全面的に弁護士にアドバイスしてもらうのも必要かと思いますし、
 弁護士同士で話し合わせる人が多いですが、
 施主Pはこれからも、弁護士だけでなく
 自分でも話をしたいということですか
?」



はい、そうです。」
 
寺田専門委員
「でも不利になりますよ?
 おまかせ建設みたいに
 立派な大きい法律事務所の弁護士つけなかったら。
 弁護士によって、裁判結果がころっと変わる場合もある
んでね。」


「それでも、私は、人任せにせず
 自分でちゃんと解決したいので裁判では自分の口で話をします。」

「質問なんですけれど、今みたいな発言は
 私たちに対して、失礼な発言だと感じます。
 それは調停委員の方がおっしゃるべき正式な発言なのでしょうか?

※※ 専門委員、裁判長沈黙 ※※

3676555_s



不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。

失敗ブログ183
    このエントリーをはてなブックマークに追加

私とおまかせ建設会社は、
私の建てたマンションのことで
双方相手を訴えています。

裁判の進行は、亀の歩みのように遅いです。

3年ほどお世話になった裁判官が変わりました。

新裁判長のもとで裁判が始まりました。
そして、今回の内容は
公平な目でおまかせ建設会社の悪事の内容を
明らかにする手伝いをしてくれていると
思っていた専門委員(裁判に付している1級建築士)が
想像も付かなかった発言しはじめて波乱が・・・・(その5の続き)

<裁判再開その6>
(前回までの話)
ここまでもめているのだから
おまかせ建設会社は、信用できないので
完了検査は、おまかせ建設会社ではなく、
違う会社を私が探そうと思っていると言いました。

↓その続き

裁判長
「違う業者は、もう決まっているんですか?」


「この裁判の判決が出ていないので、
 今はそこまで話をつめていません。」


裁判長
「この裁判の判決が出るまでにはまだだいぶかかりそうです。
 ですから、判決を待つのではなく
 完了検査の手続きや手直しをするという所については
 お金を支払って
 おまかせ建設会社に頼む
という考えはないのですか?」


「うーん。それは今の段階ではわかりません。」
「お金に折り合いがつくのであれば、
 早く終わらせたいので
 お願いしたいと思っています。」

寺田専門委員
「折り合いをつける気持ちがあるんなら、
 相手は2000万円要求してきているのですから
 1500万円以上は払わないと
 手直しにかかってくれませんよ
。」


!!
 私は、おまかせ建設会社さんにちゃんとした建物を建ててもらっても
 設計図書が全くないので
 どんな建物か、持ち主として
 しっかり把握することができないんです。
 そんな状況で、部屋を人に貸すことはできません。
 お客様に自信をもって提供できないです。
 ですから、設計図書をくださいということと
 私たちにも建物を確認させてほしいとお願いしたときに
 いきなり『工事はすんだから、残金プラス追加料金を支払え』
 と訴えられたのです。」


是永専門委員
「一般的に、工事が終わったら
 検査済書が出て、竣工図がでてくるんですが、
 ほとんどの工事が、
 引き渡しが終わってからその図面を工事業者は出します。
 それが普通の流れなんですよ。
 だから現在、施主Pさんは
 細かい図面で施工状況がわかるものが整ってない
 と主張していますが
 それって、時期尚早なのじゃないですかね?」



「竣工図というものをもらえるなら、
 おっしゃられている通りです。
 それはわかっているのですが、
 図面がないと施主の完了検査ができないんです。」

是永専門委員
「なるほど、そういう意味ですか。」
「でも、竣工図に限らず、
 他の機器の保証書や説明書等、
 それら全てをほしいとも思っていますよね?」


「そうです、それらの書類を
 ちゃんと頂けるのか?と疑っています。」

寺田専門委員
「これで交渉が決裂したら、
 おまかせ建設会社さんは、
 少なくとも竣工図書は出さないでしょう。」


「おまかせ建設会社さんが手がけた建物では
 施主の人で竣工図をもらったという人を知らないので、
 竣工図はもらえるとは思っていません。
 もうそれはいいから、最初から
 必要図書関係だけはもらっておきたいという思いはあります。」

 裁判長 
「この訴訟は代金を払えという訴訟なんですけども、
 いくら払いなさい、という結論がでますよね。
 その結論を出すことで裁判は終わります。
 そこまでしかこの事件は解決しないと思うんです。
 でも、それだと問題はのこるでしょ?
 それだったら話し合いの方がいいと思うんですけど、
 それについてはどう考えられていますか?」


「それは判決がどのような内容になるかによって、
 考えていきたいと思います。」

「工事は完成していない。
 途中で放置されているという認識ですので
 それらに関しては別に請求をしていく予定です。
 ここで全てを解決できるとは思っていません。
 おまかせ建設会社さんから
 お金を払えと訴えられた裁判なので。」



田中弁護士が要領を得ないので
裁判が円滑に進むよう裁判に付してもらった一級建築士さんなのに
裁判長と一緒になって
「おまかせ建設会社にお金を払って
解決したらどうなの?」
とぐいぐい薦めて来る態度に怒りを抑えるのがやっとでした


裁判長は替わったけれど
建築面でのアドバイスをしている一級建築士さん二人は
変わっていないのですよ。
同じ人なのですよ。

私たちの裁判に
途中からではありますが、入ってきて、
一緒におまかせ建設会社の建築会社としてのモラルや
欠陥工事のレベルの低さを感じ、分かってくれていたはずなのに。

裁判をさっさと終わらせたいという気持ちを
ありありと感じました。

1372086_s




不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。


失敗ブログ182
    このエントリーをはてなブックマークに追加

私とおまかせ建設会社は、
私の建てたマンションのことで
双方相手を訴えています。

裁判の進行は、亀の歩みのように遅いです。
一回裁判を行うと次は2ヶ月後などという感じです。

3年ほどお世話になった裁判官が変わりました。

新裁判長のもとで裁判が始まりました。
そして、今回の内容は
公平な目でおまかせ建設会社の悪事の内容を
明らかにする手伝いをしてくれていると
思っていた専門委員(裁判に付している1級建築士)が
想像も付かなかった発言をしたのです。

<裁判再開その5>

これまでの経緯の説明③

※個別に話をするために
田中弁護士一時退出。

寺田専門委員
施主P(私)は、おまかせ建設会社に、
 追加工事があるのであれば、明細を出してほしいと
 いっていましたが、
 施主P自身は、追加工事があることを認識していましたか?



「私たちは工事の前から
 マンションを建てるなら
 ハイセンスデザイナー事務所のデザインで建てたいという考えで
 工事会社を探していたんです。」

 「松本コンサルタントが、
『それならおまかせ建設会社が受けてくれる』
 と言って、仮契約の前からこちらの希望は渡しました。
 最初に『ハイセンスデザイナーのデザインで』
 という前提で、取引が始まっているのに
『デザイナー事務所の指示で追加が発生した』『発生した』
 と何度も言ってきたのです。」

 「最初からハイセンスデザイナー事務所のデザインで建てると言って
 設計してもらい、経費も見積もっていたはずなので
『追加が発生したという報告をされても
 こちらは、どんな追加工事をしたのか
 明細をもらわないと精査ができない、
 だから図面関係をください』と言っていました。
 でも、もらっていません。
 今までの裁判の中でも証拠で出してますけど、
 本当に追加があれば支払いますが、
 詳細がわからず、明細もないのに払うことができない
 と主張しました。」

「2000万円もの追加金を、
 A4で1枚の紙にExcelで項目を書いただけのものはもらいましたが
 その項目の品がどれなのか
 全く説明もないので
 納得することはできなかったです。
 ビタ一文払わないとか、追加の認識をしていないとかではなくて、
 マンションのどの部分の何を払えと言っているのかが
 分からないのです。
 最初の工事の内訳も出てないし、
 追加と言っているもの詳細も、ずっと私はもらっていません。」


寺田専門委員
「ということは、施主P(私)は
 ハイセンスデザイナー事務所のデザイン内容は
 最初の契約に全部含まれているはずだと思っているのですね?」



「もちろん、そうです。」

寺田専門委員
「今後、マンションは完了検査を受けないといけないのですが
 検査をうけるのであれば、
 引き渡しも行われていないので
 おまかせ建設会社に協力してもらわないと話は進みませんね?」



(何を言いたいのだろう?と思いつつ)
 そうですね。

寺田専門委員
でも、施主P(私)は、追加工事料金を支払っていないので
 おまかせ建設会社は、協力しないんじゃないですか?
 追加金を払う気はないのですか?



「(ええっ。なぜそんなことを言うのだと思いながら)
 同じことを何回も言うようですが
 追加工事の明細をもらっていないので
 お金も支払えないし、
 完了検査もおまかせ建設会社ではなく、
 ちがう所に頼もうと思っています。」


寺田専門委員
「完了検査は他の所でも
 受けることができるんですか?」



「おまかせ建設会社は信用できないので
 誠意をもって正しくしてくれる所を探そうと思っています。」


是永専門委員
「おまかせ建設会社にちゃんと完成するまで工事してほしいと
 言っていませんでしたか?」



「建物には欠陥や修繕しないといけないところがあるので
 完成に向けて引き続きの工事をしないといけないという認識はあります。」


是永専門委員
「完了検査に関しては、ちゃんとしないといけないと
 思っていると言うことですね?」



「完了検査の手続きに行くまでに、
 数多くの手直しが必要になる事になると思っています。」


裁判長
「手直しもおまかせ建設会社以外でやって
 完了検査まで受けるということですね?」



「このような状態になっている以上
 そうするしかないように思えます。」


専門委員は、建築士として
裁判に参加し
いろいろな書類も見て
書類に不備があることや
追加の明細もないことを理解しているし
マンションの現地見分にも参加してくれていたのに
急に「追加工事代を払わないと先に進めないのではないか」
と言い出したので驚いた。


この話続きます。

22085676_s




不動産投資ランキング

私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。


失敗ブログ181

    このエントリーをはてなブックマークに追加

私とおまかせ建設会社は、
私の建てたマンションのことで
双方相手を訴えています。

裁判の進行は、亀の歩みのように遅いです。
一回裁判を行うと次は2ヶ月後などという感じです。

3年ほどお世話になった裁判官が変わりました。

新裁判長のもとで裁判が始まりました。

<裁判再開その4>

これまでの経緯の説明➁

是永専門委員
「工事完成した、していないというのは
 工事の場合、大きなことです。
 でも、今も発注されて請負されている状態が続いております。
 これを早く帰結しない事には、
 工事会社さんの方の残金も支払われないので困ると思います。
 主張を出し尽くしているのであれば、
 調停委員としては、
 今まで出てきた事実をベースに
 結果を協議させて頂こうかと思います。」



田中弁護士
「 最終の完成等に関する事で、
 間に入ってこられた田辺さんや、
 松本コンサルタントの話も聞いていただきたいです。
 こちらとしては主張は尽くせてないと考えております。」

(注:田辺さん、初登場!
 といっても一年間ブログに出てきていないくらい
 私の裁判とは全く関係のない人なんです。
 
 この人も、松本コンサルタントの紹介で
 おまかせ建設会社で賃貸マンションを建てようとしました。
 それが、私とおまかせ建設会社がもめはじめた頃で
 私とおまかせ建設会社がもめている理由が気になり
 興味をもたれたようで、
 私に経緯を聞きに来られただけの話です。

 以降、田辺さんとの関わりはありません。
 田中弁護士は、
施主Pは、田辺さんを間に入れて
 自分の味方につけようとおまかせ建設会社の悪口を
 田辺さんに吹き込んだ。

 と言い出しました。
 ひどい言いがかり
 私は、田中弁護士のいいかげんな答弁の一環とみています。
 全く迷惑な話です)


裁判長
「それは追加の金額の合意にかかわる立証という事ですか?」

田中弁護士
「そうです。
 裁判長がこれで十分だとおっしゃるのであれば、
 特に取り上げていただかなくてもかまいませんが。」


「こちらからも発言していいですか?
 おまかせ建設会社が
 私が売却に動いたという主張している事実はありません。
 
 完成間近になり、
 マンションに色々な不具合がでてきたんです。
 梁のずれやコア抜き等々、
 それらの件について話し合うために
 おまかせ建設会社社長が家に来ました。
 その時に社長自らが
 『建物に不具合の心配があるのであれば、こちらが買い取ってやる』
 と言って帰っていったんです。
 そこから工事が止まりまして、
 こちらは『買い取りの話はどうなってるんだ』
 と手紙を出したんですが、無視をされ、
 こちらは工事の状況が分からない状態が続きまして、
 確認検査機構等に行って確認検査の状況を調べたら、
 完了検査が行われているという事が分かり、
 そんな状況で完了検査をおろされても困ると思いました。」


寺田専門委員
「何が困るんですか?」


「耐震性に疑問があったからです。
 スリットの上にタイルが貼られていました。
 追加金に関しても根拠が全く分からない状態でした。
 この状態では残額は払えないと話をしていたんです。」

「私たち追加代金を払わないと言ったことはありません。
 追加代金があるならば詳細を教えてくださいと言いました。
 私たちに知識がないから
 ハイセンスデザイン事務所に確認したいと伝えてました。

 梁等にも不安があったので、
 おまかせ建設会社に問い合わせし
 専務より『構造計算をやり直します』
 という連絡ももらっています。
 その後、中山社長が家にこられて、自ら、買い取ると言われたんです」

 裁判長
「今、完了検査をされたら何故困るか?という質問だったのですが
 それには回答しないんですか?」



「まず、建物がどのような状態であるか、
 監理報告書等が一切なく、
 状況が全く分からない状態ですし、
 耐震に疑問があり、
 おまかせ建設会社専務が構造計算をもう一度すると言っている時に、
 確認申請の手続きだけが進んでいるので、
 手続きを一度止めました。」

是永専門委員
「構造的な事が心配になったのは
 自分たちで計算をされた結果なのですか?
 ハイセンスデザイナー事務所からの報告なのですか?」


「おまかせ建設会社からハイセンスデザイナー事務所に
 梁がずれている、と連絡があったんです。」


寺田専門委員
「梁のずれはハイセンスデザイナー事務所が見つけたんですか?」


「いえ、おまかせ建設会社から
 ハイセンスデザイナー事務所へ連絡が入ったんです。
 それで建築に詳しい人に確認しました。」


寺田専門委員
「そのスリーブはダクト等を通す穴ですか?」


「いえ、一階の大きい梁です。」

田中弁護士
「構造計算上は問題ありません。こちらも確認していますから。」


「計算して問題ないのであれば、
 私にそういう正式な報告を頂きたいんです。」
 
田中弁護士
「相対でしないから仲介業者を入れたんです。
 それが田辺さんという方です。」


「そんな事になってないです。
 田辺さんは、関係ないです。」

田中弁護士
「相対でするんなら、わざわざ業者をいれません。
 広く募集をするために。」

裁判長
「多分その田辺さんの関係も
 今までの書面で詳細は書かれていることと思います。
 そこは確認をしておきたいと思うんですけども、
 今後の進行として
 おおむね双方の主張は全部出していただいたという事であらば、
 どこかの段階で
 話し合いによる解決をする段階に近づいていると思います。
 それについてはご意見を伺いたいと思います。
 おまかせ建設会社の方はそれについてどう思いますか?」

田中弁護士
「主張・立証については出し切っています。」

裁判長
「先ほど、田中弁護士は
 言い足りてないから、今、調停されたら困る
 という事を言ったと思ったのですが、いいんですか?」

田中弁護士
「追加が別工事だという認定がないまま調停案がでると、
 こちらとしては納得できない案になりますので、
 ある程度、追加なのか追加じゃないのかという心証は
 固めた方がいいと思います。」

裁判長
「つまり、追加の判断が曖昧なままでは困るけれども、
 追加があったことを認めたら、
 解決の方向に向かうという事ですか?」

田中弁護士
「今日は、今回、裁判長が変わるという事で
 今までの流れを説明するつもりで書面を出しております。」

裁判長
「分かりました。そのつもりで書面を読ませていただきます。」

3152049_s



不動産投資ランキング
 
私のブログに来て下さり
感謝申し上げます。
よかったら、上のアイコンを押して
私を応援してください。


失敗ブログ180
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ